新卒はふるいにかけられます

ビル

2011年度の新卒の人気企業ランキングでは、1位が2年連続で「グーグル」でした。
2位以下は「トヨタ」「ソニー」「パナソニック」「オリエンタルランド」「資生堂」「任天堂」「ベネッセコーポレーション]と続きます。
いずれも日本を代表する大企業です。
ですから人気企業ランキングは大企業のランキングでもあるといえます。
しかし厳しい就職戦線を勝ち抜いて大企業に就職することができてもこのうちの1割は5年以内に辞めていくそうです。
かつてランキングの常連であった「JTB」では5年で3割の人が辞めているそうです。
人気の高い「ベネッセコーポレーション」に至っては5年でそれ以上が辞めているというデータがあります。
これは企業側がふるいにかけている面もあるでしょうし、企業に対応できない新卒の現状を浮き彫りにしているともいえます。
優秀な人でしたら大企業に入りたいと思うことは当然です。
新卒の求人状況はこちらのサイトで確認できますよ。